28話「語学学校でのクラス分けで注意すべきこと」

スポンサーリンク

日本人は変に文法ができちゃう

学校でのクラス分けテスト、注意が必要です。これ留学前に色んな人に言われました。

特に自分のスペイン語の先生はこの最上級クラスにいれられたことがあったらしく、授業についていけなくて毎日泣いてたって言っててマジか・・・と思いました。

文法ができる=スペイン語ぺらぺら、という前提なので最上級クラスではすごいスピードでスペイン語がとびかってます。チラっと見たけどあそこのクラスじゃなくてよかった・・・と心底ほっとしました。

無事普通のクラスに入れたので、授業のレベルもスピードも丁度いいくらい。いい勉強になりました。

今日のスペイン語

今日のスペイン語は「授業は9時に始まります」です。

 Las clases empiezan a las nueve(ラス クラセス エンビエサン ア ラス ヌエベ)

ヌエベというのが数字の9を意味します。1から10まではこのような感じ。

 
uno(ウノ)
dos(ドス)
tres(トレス)
cuatro(クアトロ)
cinco(シンコ)
seis(セイス)
siete(シエテ)
ocho(オーチョ)
nueve(ヌエベ)
dies(ディエス)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1話から読む