21話「ザ・ドイツ人からみたスペインとは」

スポンサーリンク

ドイツ人の留学生

ドイツ人の子はとにかくマジメ。典型的なドイツ人って感じです。

あとすごく合理的な考え方をします。効率性の最適化をいつも瞬時に考え、行動します(見習いたい)

「スペイン人は非合理的な考え方をする人が多いけど、良い悪いは別にして、それで発生した無駄すら楽しむ民族だね」って言ってました。

彼女自身も、せっかく留学をしてるんだから「無駄を楽しむ」ということにもよくチャレンジしてました。これこそ異文化交流ぞ!って感じで。


でもまぁ結局、なにかイラっとしたことがあってもスペインはご飯がおいしいので全部チャラになるって言ってました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドイツ ロマンティック街道 (まっぷるマガジン)
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/3/17時点)

この子は母国が大好きで、よくドイツの話をしてくれます。おかげで自分の新婚旅行はドイツに決定。いい国でした。

今日のスペイン語

今日のスペイン語は「自由万歳!」です。

 ¡Viva la libertad!(ビバ ラ リベルタ!)

直訳すると「自由が生き続けますように!」という意味です。「無駄をどう楽しむか」ということについて喋ってるとき、ホストマザーの娘がドイツ人の子にいってたセリフ。面白かったです。

まだスペインの文化になれないドイツ人、「そんなー」って冗談半分に言ってました。スペイン語でこう言います。

 ¡Vaya!(バジャ!)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1話から読む