86話「グラナダの日本人ガイドさん」

スポンサーリンク

グラナダのことわざ

グラナダは大変美しい街でした。

こんなことわざがあるそうです。

「Quien no ha visto Granada, no ha visto nada」

訳は、「グラナダを見たことのない人は何も見たことにはならない」

すごい自信!でもそれくらい美しい街でした。

グラナダ、とは「ザクロ」という意味

そのため街のあちこちにザクロの紋様を見かけました

街を高台からみるとこんな感じ。全体が白い建物で調和がとれていました

アルハンブラ宮殿も訪れたんですが、教科書でしか見たことがない景色が目の前にあって感激でした

天井の装飾もこのありさま。すごい凝ってます

有名な高台がこちら。ここが一番アルハンブラ宮殿を見やすいらしく、観光名所になってました

今日のスペイン語

今日のスペイン語は「アルハンブラ宮殿」です。

Alhambra(アランブラ)

Hを発音しないので「アルハンブラ」ではなく「アランブラ」となります。

また、アルハンブラ宮殿は城塞でもあります。城塞のことをこう言います。

alcázar(アルカサル)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1話から読む