75話「別に毎日パエリア食べてるわけではない」

スポンサーリンク

スペインのパエリア

スペインの観光地なんかいくとあちこちにパエリア専門店があります。観光客向きのレストランなので、メニューも英語のものがあったりして便利。

家ではたまーに作ってくれました。留学生たちもパエリアと聞くと大喜び。学校から一目さんに帰ってきます。

オーソドックスなこういう↑パエリアもよく作ってもらいましたが、「fideuá(フィデウア)」っていう麺のパエリアもつくってもらったことがあります。米じゃなくて麺をつかう。面白かったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パエリアパン 鉄製20cm 2562401PAPAEPU20
価格:1010円(税込、送料別) (2018/3/17時点)

頑張れば日本で、フライパンでつくれますが、やっぱりパエリア鍋があったほうがテンションがあがります。

あとやっぱり決め手はサフラン。すごく高い香辛料なので、スペインにいったときは市場でやすーく買うとお得です。

今日のスペイン語

今日のスペイン語は「魚介類」です。

 pescados y mariscos(ペスカドス イ マリスコス)

パエリアといったらやっぱり魚介が命です。

おまけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1話から読む