23話「何の宗教を信仰しているか位は聞かれる」

スポンサーリンク

宗教の話は基本的にはしない

どの国への留学でもそうですが、宗教と歴史と政治の話はしないにこしたことはありません(マジもんのトラブルになりかねない)。

ですが、信仰している宗教くらいなら聞かれたりします。特にスペインでは、「この人は何を食べることができて、何を食べられないのか」というのを確認するためです。

さすがご飯の国、徹底してます。

私の場合は同じステイ先の留学生にフランス人(仏教徒)がいたので、定番の「仏教だよ」が使えませんでした。言ったら絶対質問攻めにあって答えられないとわかっていたからです。

特に日本の仏教は中国経由で輸入されているのでより一層複雑。中学高校で習う程度の知識しかなかったので、とても信仰しているとは言えませんでした。

でも「神道」と答えたらこの反応。開祖もいなくて教典もない宗教ってどゆこと!?って反応でした。そらそうだ・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか [ 山村明義 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2018/3/17時点)

神道そのものの説明もすっごく難しいですね。こんな本があるくらいですから。

今日のスペイン語

今日のスペイン語は「宗教」です。

 religión(レリヒオン)

読み方が「レリジオン」ではないので注意が必要です。

それからスペインにはあちこちに大聖堂があるのですが、スペイン語でこう言います。

 catedral(カテドゥラル)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1話から読む