53話「日焼けに関する価値観の違い」

スポンサーリンク

日焼けに関するアレコレ

日焼け=美の象徴という価値観で驚きました。日焼けどめぬってたら「なんで?」って不思議な顔をされました。

確かに真夏、スペインの街中を見てみるとこんがりと小麦色に肌を焼いた美女がいっぱいいます。なるほどなーと思いました。

あと日本人の留学生にむかって「焼けたね」っていったら「やせたね」と聞き間違えられてこっちでも「本当!?」ってぬか喜びさせました。すみません。

今日のスペイン語

今日のスペイン語は「薬局はどこですか?」です。

 ¿Dónde hay una farmacia?(ドンデ アイ ウナ ファルマシア?)

日焼け止めをうっかり忘れた時にお使いください。

日焼け止めは幸いうっかり忘れたことはなかったんですが、旅行中かるい切り傷ができたときはばんそうこうを買いました。ばんそうこうをこう言います。

 tirita(ティリータ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1話から読む